活動内容 


今後の活動予定(2017年)  
活動日時間場所
 6月 6日(火) 6月20日(火) 10:30

15:30
東京女子大学
同窓会72年館

 ※地図はここをクリック
 7月 4日(火) 7月18日(火)
8月休み
 9月 5日(火) 9月19日(火)
10月 3日(火)10月17日(火)
11月 7日(火)11月21日(火)
12月 5日(火)12月19日(火)

メンバーは全員東京女子大学の卒業生で、現在18名で活動しており、盲学校や弱視教室の
  先生や生徒さんからの要望に応じて教科書の副読本、絵本、童話、図鑑などの拡大写本を
  手書きで製作し、無償で寄贈しています。

寄贈先(2017年現在)
 ★筑波大学附属視覚特別支援学校 小学部
 ★東京都立八王子盲学校
 ★東京都足立区立足立小学校 目の教室
 ★東京都世田谷区立笹原小学校 目の教室
 ★宮崎県立明星視覚支援学校
 ★福島県立視覚支援学校
 ★宮城県立視覚支援学校
 ★長野県松本盲学校

原則として毎月第一・第三火曜日に同窓会72年館で例会を開き、拡大する本についての
 企画や製本作業などを行っています。

1冊の本を数名で担当しますが、原本をもとに自宅で原稿を手書きし、それを持ち寄り1冊
 の拡大本を作っていきます。手書きのため、読み易く、全員の文字が同じようになるよう揃
 えて書くのが苦労するところです。

挿絵は著作権の問題もあり原則としてカラーコピーを使用しています。

例会では、原稿の読み合わせ・校正を行い、簡易製本器を使って糊付けし、色画用紙の
 表紙をつけ、最後に製本フィルムを貼り、本が完成します。字が大きくなるので、1冊の本
 が時には3分冊、4分冊になり、多い時は13分冊になったこともあります。
 (簡易製本器はメンバーの家族の手作りで、改良を重ね、現在では9台あります)

  詳細は製作工程をご覧下さい。

「あじさい」では、蔵書の拡大写本を郵送で貸出しています(貸出しは無料、貸出し期間は
 2ヶ月、返却時の送料のみ借りた方の負担)。
 拡大図書が手に入り難い方で、弱視のお子様に読ませてあげたいと思われる保護者の
 方は、ぜひ「あじさい」にご連絡下さい。

  連絡先:東京女子大学同窓会 TEL:03-3395-4448 FAX:03-3395-0084

  製作した拡大写本リスト

   

「拡大写本」の製作には多くの費用がかかります。母体である東京女子大学同窓会・奉仕
 グループからの活動資金だけでは到底足りないというのが現状で、毎年、福祉団体や企業
 などに申請を行い、賛同して下さった団体・企業から頂いた助成金で活動を続けています。
 活動が評価され、助成金が頂けた年は、本来なら数年かかるところ、短期間に数十冊と
 いう沢山の拡大写本を各学校に寄贈する事ができ、皆様からの温かいご支援には心から
 感謝しております。
 これからも活動を円滑に続けるためにご支援をお願いしていきたいと思っています。

 ⇒詳細は会員・支援者募集をご覧下さい。

  

毎年のように各盲学校からのご招待を受け、メンバーが運動会、学級公開&懇談会など
 のイベントに参加しています。その時に要望のあった本を拡大するなど、先生や生徒さん
 からの生の声を聞く良い機会になっています。

毎年4月29日に行われる東京女子大学同窓会の園遊会で拡大写本を展示し、ひろく
 拡大写本をアピールすると共にメンバーの勧誘、活動資金を得る為の募金も行ってい
 ます。

2016年:「長野県松本盲学校」へ寄贈を始めました。

2013年:「東京都世田谷区立笹原小学校 目の教室」へ寄贈を始めました。

2011年:東日本大震災の被災地、福島と宮城の盲学校に寄贈を始めました。
 除染作業などで屋外活動が制限される中、読書は子供達の大きな喜びに
 なっているとの事です。

2006年:八王子盲学校の要請により、「あいサポート」研修会で拡大写本を展示。
 製本のデモンストレーション等を行い「視覚障害児童への地域支援のあり方」
 の生活を豊かにする貴重な支援として紹介されました。

2005年:八王子盲学校のPTAのお母さんを対象に拡大写本作りの講習会を開催。
 PTA行事の一環としてマス目の下敷きを使って拡大写本の文字を書いてもらい、
 最後はそれに糊付けして製本しました。

2002年:杉並区制施行70周年行事に於いて、長年の活動に対して感謝状を頂きました。

1999年:筑波大学附属盲学校の小学部図書館蔵書のデータベース作りをお手伝い。
 パソコンが出来るメンバーが約2500件のデータ入力作業を交代で完了。
 読みたい点字本あるいは拡大写本があるかどうかが瞬時に検索でき、蔵書
 管理がスムーズに出来るようになったと、先生からお礼の言葉を頂きました。

1997年:東京女子大学の英文科に入学した視覚障害を持つ学生の支援(その後、米国
 のインディアナ大学に留学)。学期ごとに英文の教科書や参考書の拡大コピー
 や、教育実習のための中学生英語の教科書作り、彼女が勉強に出かけたサン
 フランシスコの拡大地図の作成などで学生生活をバック・アップしました。
 彼女は大変優秀な上、明るく前向きで、私達のほうが元気付けられるようでした。

1996年:東京女子大学同窓会横浜支部からの要請で拡大写本についての指導を行い、
 「あじさい」の妹分「花みずき」が誕生しました。現在、「花みずき」は
 横浜市立盲特別支援学校に拡大写本を寄贈しています。


 ページトップへ戻る

inserted by FC2 system